世界日報 Web版

格違いの日朝交渉体制 仕切り直し不可避に


800

  昨年5月26~28日、スウェーデンのストックホルムで日本人拉致問題などをめぐり日本と北朝鮮が政府間協議をし、被害者再調査などに北朝鮮が取り組むことで合意してから間もなく1年になる。しかし、北朝鮮側からは調査結果に関し誠意ある回答は示されず、交渉は事実上の仕切り直しに入った。 この1年を振り返り、目立った成果を上げられずにいる背景や今後の課題を考えた。(編集委員・上田勇実)

 モンゴルの首都ウランバートルで昨年3月、日本人拉致被害者、横田めぐみさん=失踪当時(13)=の両親の滋さんと早紀江さんは、北朝鮮に在住するめぐみさんの娘キム・ウンギョンさんと面会を果たした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ