世界日報 Web版

英米の介在を非難する中国


800

 中国の習近平国家主席は9日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)に出席した香港の梁振英行政長官と北京で会談し、「中央政府は今後も一国二制度と香港基本法を貫徹させる。法に基づく民主的な発展推進を強く支持する」と述べ、中国側の決定撤回や修正には断固応じず、占拠デモへの妥協を拒む方針を示した。

 11日、香港政府と占拠デモを主導する香港大学生連合会(学連)の対話が事実上、打ち切られる一方、学連は全国人民代表大会(全人代=国会)の香港代表らに北京高官との対話の仲介を要求し、さらなる対話の糸口を探っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ