世界日報 Web版

米政権に過剰な期待 「パレスチナ」で不信浸透


400

エジプト改革と発展党党首 アンワール・サダト氏(下)

――私がエジプトに赴任した当時、米同時多発テロが発生、エジプトの著名な新聞が、米CIA(中央情報局)とイスラエルの仕業だとの記事を掲載したことに、とても驚いた。

 勿論、それは狂っている。我々は真実を認め、受け入れねばならない。他の宗教を信じる人々のことに注意を払わない聖戦主義者や過激主義者によって為(な)されたのだ。大きな誤りだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ