世界日報 Web版

北の金正恩体制 粛清重ね権力完全掌握も


400

韓国自由民主研究院院長 柳東烈氏(上)

 ――北朝鮮の金正恩体制の現状をどう見ているか。

 表向きには安定しているように見える。当初、一部で憂慮されたにもかかわらず、「首領」としての権力を掌握した。周囲の側近や党・軍の幹部らに対しては恐怖政治で押さえ付け、住民には米帝国主義と南朝鮮傀儡(かいらい)が侵略してくるなどと宣伝し、持続的な戦争雰囲気を作り出すことで可能なことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ