世界日報 Web版

安倍政権と憲法改正 日本人が自ら議論する時


400

米ハドソン研究所上級研究員 アーサー・ハーマン氏(下)

 ――安倍晋三政権が進める憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認をどう評価する。

 長年待ち望まれてきたものだ。日本はこれまで、バスの後部座席に座り、米国に主導権を委ねる消極的なパートナーだった。安倍首相は安全保障問題でより積極的な役割を果たそうとしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ