世界日報 Web版

オバマ氏の世界観 米の地位下げ、多極化を志向


400

米ヘリテージ財団特別研究員 リー・エドワーズ氏(上)

 ――「米国を変革する」と宣言して就任したオバマ大統領の6年間の政権運営をどう見る。

 オバマ氏は問題を解決できるのは連邦政府だという「積極主義政府」を信奉する進歩派、リベラル派だ。オバマケア(医療保険制度改革法)がその典型で、個人の自由や自助に基づく社会から、連邦政府や官僚機構に依存する福祉国家に変えようとしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ