北部テーマパーク25年夏に開業

今帰仁村のワルミ海峡

名護市と今帰仁村にまたがる広大なゴルフ場跡地で2025年夏に開業予定の大型テーマパークの名称がこのほど、「JUNGLIA(ジャングリア)」に決定した。

ジャングルをコンセプトに、気球で上空から自然を楽しんだり、森の中で恐竜から逃げるスリル満点のアトラクション、森の中のスパリゾートやレストランなども構想されているという。

計画を主導するのは大阪市のマーケティング会社「刀」の森岡毅氏だ。森岡氏はかつて、経営難に陥っていた同市のUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)をV字回復させた立役者でもあり、その手腕に期待が集まっている。

沖縄は、外国人観光客も多く、国内観光客に加えインバウンド(訪日客)の集客が見込めることも大きな利点となる。

テーマパーク開業のメリットは観光客増だけではない。北部地域に人が集まることで、地域産業の復興や雇用の促進も期待される。森岡氏は11月27日に都内で行われた会見で、「県民所得が全国で最低水準にある沖縄の中でも特に低い本島北部の問題に気付いた」と話しており、「テーマパークには(地域)コミュニティーに富を回す力があり、産業の勃興のためにもつくるべきだ」と構想の意義を示した。

ただ、ここで最大の課題となるのはアクセスの問題だ。那覇空港から北部への交通網の整備はこれまで幾度となく議論されてきたテーマだが、現在最も速い移動手段は沖縄自動車道しかなく、テーマパークまでは、名護市の許田インターチェンジを出てからさらに一般道を30分ほど進まなければならない。

開業後、来場者が殺到すれば当然新たな大渋滞が予想される。テーマパーク構想の成功のカギはこの問題の克服にあるのかもしれない。

(K)

spot_img