世界日報 Web版

災害とリーダーの資質


 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)から5年が過ぎた。被災地以外では、一部に「風化」というムードもあるが、被災地はいまだに復興の途上に あり、大きな爪痕を残している。

 この機会に、私は昭和9(1934)年に寺田寅彦が書いた「天災と国防」を改めて読み直してみた。

 少々長くなるが、その中に書かれている文章を紹介したい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ