世界日報 Web版

教員養成、見直し意欲 萩生田文科相


萩生田文科相

新閣僚インタビュー

「1年目から教壇」に疑問

 萩生田光一文部科学相は、時事通信などのインタビューで、教員養成の在り方について「教職課程を取って、社会に出て1年目に教壇に立つのが本当にいいのか」などと述べ、見直しに意欲を示した。主なやりとりは次の通り。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ