世界日報 Web版

大阪G20サミット 首相は指導力を発揮できるか


大阪G20サミット焦点(上)

日本らしい運営

 日本が初の議長国を務める20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が28、29の両日、大阪市で開かれる。米中露はじめ主要国の首脳が一堂に会する中、安倍晋三首相が議長として指導力を発揮し、対立意見を集約して、世界経済の持続的な成長に向けて政策協調を導き出せるかが焦点だ。また、会議と並行し、貿易摩擦の行方を占う米中首脳会談をはじめ活発な首脳外交が展開される。首相は参院選を前に、ここでも外交手腕をアピールしたいところだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ