世界日報 Web版

改憲集会、沖縄でも開催


「新しい憲法をつくる沖縄県民の集い」(主催・自主憲法制定沖縄県民会議=西田健次郎会長)が3日、那覇市で開かれ、約100人の参加者は、国会において一日も早い憲法改正の発議をするよう求める決議を全会一致で採択した。

700

改憲の必要性を訴える高橋利行氏=3日、那覇市の沖縄県立博物館美術館(豊田剛撮影)

 集いでは、「亥年政局と憲法改正」と題して政治評論家の高橋利行氏が講演。国際情勢はますます険しくなり、憲法改正は間違いなく行われると前置きしたうえで、「自衛隊をはっきり位置付けることが大事だ」と強調。野党は党利党略を超えて憲法改正論議に応じるべきだと訴えた。また、歴史的かつ地政学的観点から「沖縄県民は政府に物を申す資格があり、沖縄から憲法改正ののろしを上げるべきだ」と呼び掛けた。

 来賓あいさつで宮﨑政久衆院議員(自民)は、日本国憲法が制定される当時、沖縄、奄美、小笠原は議会に代表者を送っていないことを理由に、「憲法を変える必要がある」と主張。國場幸之助衆院議員(自民)は、国民の世論を喚起することが憲法改正の上で最も大切だと強調した。

 大会決議では、国際情勢が激動している中、自然災害の多い日本が行政機関の機能不全に陥る可能性がある緊急事態において「国民の生命と財産を守るための緊急事態条項は不可欠」と指摘。「『国民を守るために生命をかける』自衛隊が憲法違反だといわれる状況は早急に改正すべき」だと訴えた。