世界日報 Web版

自民補選2敗、辺野古移転への反対にも丁寧な説明の継続求めた読・産


◆「政権の緩み」を指摘

 「衆院補欠選挙での2敗は、政府・自民党にとって痛手だ」(読売・22日付社説)、「支持基盤の弱い地域だったとはいえ、与党有利とされる補選での2敗は『取りこぼし』ではすまされない」(日経・同)、「自民系候補を擁立した衆参補選で8連勝中だっただけに政権与党が足踏みした印象は拭えない」(産経・同主張)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ