世界日報 Web版

「成り手不足」深刻な地方議員


細川 珠生

政治ジャーナリスト 細川 珠生

 今月7日に、統一地方選挙の前半戦となる、11道府県知事選、6政令市長選、41道府県議会議員選、17政令市議会議員選の投開票が行われた。結果は、各地域でのパワーバランスと、中央政界の力関係、また中央(国)と地方の関係がそれぞれどのように作用したかによっても異なるため、個々の結果をここでは論じない。しかし、現在、後半戦の真っ只中(ただなか)でもあるが故に、「統一地方選挙」の課題について改めて考えてみる必要がある。

評価されぬ本来の仕事


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ