世界日報 Web版

与党圧勝を無視した論調を張り憲法を歪めて安倍政権を批判する朝日


◆恨み節噴出の「希望」

 総選挙の「総括」が続いている。圧勝した与党から「謙虚」の言葉が聞かれたので、敗者は反省の弁かと思いきや、恨み節ばかりだ。希望の党のことである。

 初めて開かれた両院議員総会で小池百合子代表(都知事)への批判が噴出した。いわく、「辞任すべきだ」「第二自民党になるなら、今ここで解党してほしい」「安倍政権と対峙(たいじ)し、野党と連携すべきだ」「野党第1党の代表を首相指名した方がよい」―


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ