世界日報 Web版

選挙番組で“モリカケ”追及も墓穴を掘った「報ステ」と「NEWS23」


◆論理の稚拙さを露呈

 「反安倍」色の強いテレビ朝日とTBSの選挙報道が、左派野党寄りの偏向スタンスを取ったところで、今さら驚きはしない。しかし、その意図に反して、安倍晋三首相をやり込めるどころか、逆に反安倍論理の稚拙さを露呈させる結果となった番組があった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ