世界日報 Web版

政策訴える「自由民主」 希望より「新党ブーム」批判


政策訴える「自由民主」 希望より「新党ブーム」批判

立憲・共産共闘に言及なし

 衆院解散から総選挙終盤までの間、自民党の機関紙「自由民主」は10月10日付、17日付、24日付(実際の発行は日付の1週間前の火曜)が出た。党総裁の安倍晋三首相が打った解散であり、自ら選挙に問うた二つの国難――「北朝鮮の脅威」や「少子化対策」に全力で取り組む(10・10)と、継続して訴えている。

 加えて「ブームか政策か」の争点を新党に応酬したのが、選挙戦も終盤に入る24日付「政策こそが未来を切り拓く」(1面見出し)だ。同紙3面に載る「安倍晋三総裁は語る」という選挙戦問答はポイントを三つに絞り、前述の二つに次いで「新党ブーム」を加えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ