世界日報 Web版

「与党圧勝」を予測する各紙報道による「アナウンス効果」に油断は禁物


◆度々外れる事前予測

 先週、各紙が衆院選の序盤情勢調査を報じた。「自公両党で300議席をうかがう」(読売12日付)、「自民単独過半数を大きく上回る」(朝日12日付)などと、いずれも与党勝利を予測している。

 朝日の12、13日調査でもこの傾向は変わらず、「自公、300議席うかがう 希望、東京で軒並み苦戦」(14日付)としている。これら調査を見た限り、自民が完敗した7月の都議選とは雲行きがガラリと変わったようだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ