世界日報 Web版

基本政策の違い問わず共産党と歩調を合わせ野党共闘に執着する朝日


◆有権者の選択を軽視

 安倍首相が解散総選挙に踏み切った。野党第1党の民進党は“エース”の不倫騒動と離党者の続出、「小池新党」は準備不足、しかも議員の任期は残すところ1年余り。北朝鮮危機が高まれば、解散の時期を逸しかねない。というわけで安倍政権にとっては絶妙の「今でしょ」だった。

 むろん選挙は水物だ。自民党が勝つ保証はない。新党が東京の全選挙区で候補者を擁立すれば、自民党が激減した東京都議選の二の舞いになりかねない。それでも解散だ。前回の落選者(大半は野党だ)や新人候補にとっては待ちに待った時が来た。それなのに朝日は異議を唱える。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ