世界日報 Web版

日本ファースト、二大政党制の行き詰まり打破から意義論じた小紙


◆同志を糾合する素地

 「国会議員1人の政治団体の設立が、これほど注目されるのは異例だ。既成政党が国民の期待に応え切れていないことの裏返しと言えよう」(読売・社説10日付)

 先の東京都議会選挙前に自民党を離党した若狭勝衆院議員が7日の記者会見で、政治団体「日本ファーストの会」の発足を発表した。若狭氏は小池百合子都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」と連携し、国政政党を年内に結成することを目指す一方で、別に次の国政選挙に立候補できる人材発掘のための政治塾「輝照塾」を9月に開講する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ