世界日報 Web版

「安倍・トランプ」関係が始動


櫻田 淳

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 ドナルド・J・トランプ(米国大統領)が安倍晋三(内閣総理大臣)を「異例の厚遇」をもって迎えた先刻の日米首脳会談は、「安倍・トランプ」関係の始まりを画すものであった。安倍にとっては、「トランプに近付き過ぎる」リスクを指摘される中の会談は、上々の成果を挙げたと評価されよう。

 筆者は、このたびの日米首脳会談に際しては、個別の政策対応うんぬん以前に、トランプの姿勢から安倍という政治指導者、あるいは日本国家への「敬意」が伝わって来るかに注目していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ