世界日報 Web版

9条と集団的自衛権 平和に寄与する双務性の勧め


300

日本大学名誉教授 小林宏晨

 自衛権への直接的言及は、日本国憲法の前文にも、また9条に見られない。しかし1970年代に、政府解釈は「集団的自衛権に限って、日本国がこの権利を保有するが、憲法の趣旨からして適用不可能である」との説明を行った。

 筆者は、この政府説明が不合理であり、国際政治の現状に合致しない旨を既に古くから主張してきた。従って昨年の閣議決定が、集団的自衛権を限定された形ではあっても適用可能との結論には賛同する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ