世界日報 Web版

最優先課題、慎重要す消費再増税判断 第2次安倍改造内閣スタート(下)


 「引き続き経済最優先でデフレからの脱却を目指し、成長戦略の実行に全力を尽くす」――。安倍晋三首相は新内閣発足後の会見の冒頭でこう表明した。地方の創生、安全保障法制の整備、拉致問題の解決など内閣の最優先課題を実現するためにも、「景気回復軌道をより確かなものとし、その実感を全国津々浦々に届ける」ことが必要不可欠の大前提だ。

 デフレ脱却は「アベノミクス」の目標であり、年末には消費税率を2015年10月から10%に引き上げるかどうかの難しい判断が控えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ