世界日報 Web版

内閣改造練り直し 石破氏は安保担当相辞退へ


 9月に予定されている内閣改造で一番揉めそうなのは安全保障担当相のポストだ。人が居ないわけではない。自薦他薦の候補者がわんさかといる。しかし、常識的に見て、新安保相に迎えるならこの人といわれる人物がいる。石破茂幹事長がその人だ。本人は党内きっての防衛通である。新聞辞令にはすでに何度か出たが今は消えてしまった。本人が受諾しない意向のようなのだ。

 それにはそれなりに理由がある。自民党の人事は安保相だけではない。大物中の大物人事が実はまだ残っている。自民党総裁、つまり日本の首相ポストがそれだ。永田町第一党の総裁はすなわち日本の首相の最有力候補の立場にある。いやしくも政治家になった者なら、首相を狙うのは当然の望みだ。

 だがバッジをつければ誰でも首相になれるとは限らない。それでも永田町では首相のポストを聞けば誰も胸が高鳴る。これを政治根性というが、この気持ちは政治家ではない者には分からない。前回の総裁選で安倍首相と最後まで争った石破氏にはその胸の高鳴りは強まっているはずだ。

 ところが、その総裁選はもう1年先の話だ。ここで党を取り仕切る幹事長のポストを降ろされて新閣僚ポストに押し込められてしまうと、これからの1年間、全く総裁選の準備ができなくなってしまう。ましてや新幹事長がその間、力を付けて自らを押しのけ新たな総裁候補に育ってしまいかねない。

 石破氏にはその辺の計算が働いているのだろう。石破氏は側近に「首相とは安全保障政策が違うのに閣僚として答弁するのは耐えられない」といった趣旨のホンネを漏らしている。これでは安倍首相は人事を練り直さなければならないことになる。

 首相が石破幹事長を安保相に起用する狙いが本当に安全保障関連法整備のためなのか、それともポスト安倍の芽を摘み取ってしまおうとする政局判断なのか。安倍首相は今頃、あれこれ人を動かしてひとり楽しんできたことだろう。しかし夏休みももうおしまいだ。

 永田町で古来、改造で強くなった政権の例は見たことがない。大抵はそれまでの体制にガタを招き落日の第一歩を迎える結果になった。今回は人事をひねり出す時間だけはたっぷり余裕があったが、もうしばらく時間をかけて成り行きを注目しなければならない。結果が吉と出るか凶と転ずるか。吉と信じているのは安倍首相ぐらいのものだろう。

(I)