世界日報 Web版

立民代表選 党の立て直し競う4氏


立候補後記者会見 共産との距離感、言及なし

立憲民主党代表選の共同記者会見に臨む、(左から)西村智奈美、小川淳也、泉健太、逢坂誠二の4候補者=19日午後、東京・永田町

 立憲民主党代表選が19日告示され、逢坂誠二元首相補佐官(62)、小川淳也元総務政務官(50)、泉健太政調会長(47)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)の4氏が立候補した。先の衆院選の敗北を踏まえ、来年夏の参院選に向けた党の立て直し策が主な争点となるほか、共産党との「共闘」をどの程度継続するかにも注目が集まる。30日の臨時党大会で投開票される。

 4氏は19日、共同記者会見に臨み、自身の政見を表明した。逢坂氏は「教育、芸術、文化といった分野に力を入れられる党でありたい」と強調した。

 小川氏は「国家主義的価値観と対峙し、リベラルの気風を根本とした政党として再び立ち昇らせたい」と力を込めた。

 泉氏は「われわれの意識と国民のイメージのずれを自己反省した上で再生していく必要がある」と党の転換に意欲を示し、西村氏は「地方の声、女性の声、草の根の声を生かしていくことが日本の社会に必要」と訴えた。

 

 参院選での共産党を含む野党共闘について、4氏とも改選定数1の「一人区」での候補者一本化を目指す考えを示したが、支援団体である連合が強い難色を示す共産党との距離感について言及はなかった。

 代表選はポイント制で、国会議員(140人)に1人2ポイントを与えるなどして計572ポイントで争われる。1回目の投票で、いずれの候補も過半数を得られなければ、上位2候補による決選投票に持ち込まれる。