世界日報 Web版

野党共闘を批判する維新、安保は大丈夫かと考えさせられる党首討論


日本記者クラブ主催の党首討論会で討論する与野党の党首=18日午後、東京都千代田区

 中朝露の軍事挑発の中で始まった今回の選挙。テレビの討論番組では、外交・安全保障や対中国政策が新型コロナウイルス対策、経済政策などとともに注目された。特に安保論議が争点となるのは、その政策に違いのある立憲民主党と共産党および社民党、れいわ新選組が初めて政権選択の衆院選で野党共闘の枠組みをつくり選挙協力したからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ