世界日報 Web版

政権選択と立民共闘、消え去った二大政党の理想


演説する立憲民主党の枝野幸男代表=19日午後、東京阿佐ヶ谷駅南口

 19日公示の衆院選はいよいよ明日(31日)、投開票となる。岸田文雄首相の就任から史上最短の10日で衆院が解散され、それから17日で投開票という短期決戦だが、事実上の政権選択選挙だけに、与野党とも総力戦を繰り広げている。

 今回の衆院選の特色は、野党第1党の立憲民主党が初めて共産党と「限定的な閣外協力」まで合意し、選挙協力を実現したことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ