世界日報 Web版

衆院選各党のエネルギー政策に大社説で厳しい注文突き付けた産経


 列挙した中、最も気を放っているのが産経である。同紙は通常2本立ての枠に1本だけの大社説で、「理想論だけでなく、電力・ガスの安定供給の確保など現実的なエネルギー戦略を打ち出してほしい」と訴える。

 各紙とも、各政党は再エネの拡大では大差なく、原発の扱いが焦点になっていると指摘するが、その中でも、産経は「原発を抜きに脱炭素を実現できるのか。その見極めが問われる」と指摘。各党の公約は将来の電源構成に重点を置くが、「いま足元で進む世界的なエネルギー危機にも警戒が欠かせない」と強調するのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ