世界日報 Web版

与野党決め手欠く衆院選で報道が結果左右すると指摘した三浦瑠麗氏


衆院選が公示され、第一声を上げる岸田文雄首相(自民党総裁)=19日午前、福島市

 また、元民主党幹事長で財務大臣を経験した政界のご意見番・藤井裕久が「大きく盛り上がらない気がする」と言えば、国際政治学者の三浦瑠麗も「(与野党が)決め手を欠く」と冷めた目で見た。コロナ対策や覇権主義を強める中国への対応など、内政・外交安全保障問題で重要課題が山積する中、「自公」か「野党連合」かの政権選択選挙、あるいは自公による「自由民主主義政権」か、共産党が参加する「共産主義政権」かの体制選択選挙という声さえある割には、選挙戦が低調というのが3人の共通認識だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ