世界日報 Web版

安倍氏を「悪代官」として描き「何でもよいから反自民」報道を行う朝毎


 1世紀前の1920年、米国のジャーナリスト、W・リップマンは新聞を民主政治のバイブルになぞらえた。朝夕に聖書を読んで自らの行動を律するように、人々は朝夕に新聞に目を通して政治的行動の指針としたからだ。当時、メディアは新聞だけだった。

 20年代にラジオが登場すると、33年に32代米大統領に就任したルーズベルトはホワイトハウスからラジオで語り掛ける「炉辺談話」で支持を広げ、一方、ドイツのヒトラーは同年、ナチ党の大選挙キャンペーンをラジオで展開し圧勝した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ