世界日報 Web版

「立・共に危機感」 甘利幹事長、「選択肢つくれた」枝野代表


インタビューに答える自民党の甘利明幹事長=15日午後、東京・永田町の同党本部

 14日に衆院が解散され、与野党は一斉に総選挙に向かって動き始めた。公示日を前に、各党幹部が時事通信社などのインタビューに応じた。

衆院選の最大の争点は。

 衆院選は政権選択選挙だ。今回はこれに加え、体制選択選挙になる。立憲民主党と共産党が小選挙区候補者の一本化の調整を行った。自民、公明両党による自由と民主主義を基本とする体制か、日本の政治史上初めて共産主義が政権に入る体制を選択するかだ。(立民、共産両党が勝利すれば)政治理念(の違い)を無視して閣内協力、閣外協力をするということになる。物事が進まなくなる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ