世界日報 Web版

外交頼みの河野氏に懸念 台湾と連携重視の高市氏


自民総裁選_各候補者の主張_対中・安保政策

【対中・安保政策】

自民総裁選 焦点政策を検証(2)

 日本をとりまく安全保障環境は緊張を高めている。沖縄県・尖閣諸島沖では今年2月に「武器の使用」が認められた中国海警局の公船が恒常的に接続水域にとどまり、領海侵入を繰り返しており、北朝鮮のミサイルの脅威も増している。日本の安保に直結する台湾有事も切迫している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ