世界日報 Web版

民主党の対立軸、能力主義的な競争をせよ


政策純化は増勢保証せず

 民主党の機関紙「プレス民主」は自民党との対峙(たいじ)・対立を強調する。「自民党政治にしっかり対峙できる勢力」(1月17日号、海江田代表年初記者会見)、「自民党との対立軸を鮮明に」(2月7日号、民主党への提言・篠原文也氏)など、党首が強調し、識者が呼び掛けている。

 政治解説者の篠原氏は「公平、公正、共助という、ヨーロッパでいえば中道左派路線をしっかり固め、そこに特化していく」よう求め、さらに「対立軸の下に結集できる人だけで純化していく」ことを訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ