世界日報 Web版

強い打算で始まる舛添都政


300

自公と三者三様の思惑

政治ジャーナリスト 細川 珠生

 国政選挙より長い選挙のはずだが、首都・東京の顔を選ぶ選挙は、「あっけなく」終わった。投票日前日に45年ぶりの大雪に見舞われたとはいえ、あまりに低い投票率を見ると、都民はどれだけ真剣にこの選挙に向き合ったのかと思わずにいられない。またその低い投票率で選ばれた新しいリーダーは、どれだけ都民の信頼を得られたのか。「舛添氏、圧勝」や「安倍政権信任」の言葉が躍る選挙結果の報道より、政治全般に対するもっと深い真意を探る必要がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ