世界日報 Web版

拙速慎むべきLGBT理解増進法案


高橋 史朗

麗澤大学大学院特任教授 高橋 史朗

 「LGBT理解増進法案」をめぐって、5月20日に開催された自民党の会合(「性的指向・性自認に関する特命委員会」等の合同会議)で山谷えり子参議院議員らの「差別発言」に批判が高まり、「発言の撤回や謝罪を求める署名やキャンペーン」が始まり、2日間で5万人を超える署名が集まった。NHKニュースは別の衆議院議員が「LGBTは種の保存に反する」という趣旨の発言をしたことを顔写真入りで批判した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ