世界日報 Web版

有事への対応で緊急事態条項を、下村自民政調会長が強調


 自民党の下村博文政調会長は23日、世界日報社が提供する動画サイト「パトリオットTV」の収録で、新型コロナウイルスの感染拡大による医療体制の逼迫や、国産ワクチンの開発が海外に後れを取っていることについて「有事対応ができていない。その根本は緊急事態条項が憲法の中にないことだ」と指摘。災害や感染症などの有事に備え、憲法に緊急事態条項を明記すべきとの認識を示した。

「パトリオットTV」に出演した自民党の下村博文政調会長=23日、自民党本部で

「パトリオットTV」に出演した自民党の下村博文政調会長=23日、自民党本部で

 また憲法9条の改正について「一部野党の反対で国民投票法改正案すら採決できないまま今日に至っていて、アレルギーがある人もいるのは分かっている」とした上で、「9条加憲、自衛隊明記という、普通の国として当たり前のことを憲法の中に入れるべきだ」と強調した。

 下村氏は同日、安倍晋三前首相との対談などを収録した著書『GDW興国論 幸福度世界一の国へ』(飛鳥新社)を出版した。