世界日報 Web版

菅首相に毅然とした対中外交期待


ペマ・ギャルポ10

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 2020年は武漢ウイルスに振り回され、世界中が恐怖感と先の見えない不安な一年を強いられた。年末年始は皆様いかがお過ごしだっただろうか。私は今まで10年以上、1月3日に800人程度の若者と恒例の靖国参拝をしていたが、今年はやむを得ず数十人で参拝を行い、この忌々(いまいま)しい武漢ウイルスの一日も早い収束と、世界が再び希望を持てる平和で繁栄の日々を取り戻せるよう祈った。

独立国家復帰願い投票


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ