世界日報 Web版

「宇宙作戦隊」発足 河野防衛相が隊旗授与


宇宙作戦隊

航空自衛隊「宇宙作戦隊」隊長の阿式俊英2等空佐(右)に隊旗を授与する河野太郎防衛相18日午後、東京都新宿区(森啓造撮影)

 防衛省は18日、航空自衛隊で初となる宇宙領域の専門部隊「宇宙作戦隊」を発足させた。日本が打ち上げた人工衛星への衝突などを防ぐため、宇宙ごみ(スペースデブリ)や不審な衛星の監視を行う。空自の府中基地を拠点に20人規模で始動し、将来は100人規模にする方針。

 同日午後、省内で隊旗授与式が行われ、河野太郎防衛相は隊長の阿式俊英2等空佐に隊旗を授与。「自衛隊は1954年の発足以来、わが国の領土・領海・領空を守り続けてきた。しかし安全保障環境は変化し、従来領域に加え、今や宇宙をはじめとした領域でも優位性の確保が重要だ」とし、「早急に宇宙状況監視などの態勢を構築しなければならない」と強調した。

 今後は隊員の教育訓練や米国、宇宙航空研究開発機構(JAXA)との連携などを進め、2023年度から宇宙監視システムの運用を開始。26年度末までに宇宙空間の状況を把握する衛星の打ち上げを目指す。