世界日報 Web版

感性の時代を生きよ 陽明学者 行徳哲男氏に聞く【PTV RADIO:095】


 善と悪を超えた境地、「感性の時代」を生きよと陽明学者の行徳哲男氏は強調する。感性の時代とは「私」を生きること、また受容の哲学、矛盾を矛盾のまま受け入れ生きよと唱える。自分が自分になり切って生き切れと訴えた。
(対談の音声を公開!)