世界日報 Web版

西日本豪雨被災地 「人手が足りない!」


800-1

西日本豪雨被災地・岡山県倉敷市真備町ルポ

片付けても、片付けても…終わらぬ作業

 真備町では大雨から一転、晴天が続いており、水が引いた後の町は一面砂だらけ。地面を踏むと、海岸の砂浜を思わせるようなさらさらとした感触がし、車の通るたびに舞い上がった砂が道行く人たちへ襲い掛かってくる。時計店の片付けをしていた女性は「土ぼこりの中に農薬や汚物などが混ざってないか心配だ」と衛生上の不安を口にした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ