世界日報 Web版

中国、若者に広がる「低欲望主義」


4月、中国のSNS上で「親切な旅行者」というネット名の「躺平主義は正義だ」と題した文章が注目された

 4月5日、河北省唐山市の貧しいトラック運転手が道交法違反の罰金刑を受け、罰金2000元(約3万4000円)が全預貯金の約3分の1だった理不尽さから服毒自殺した。これをきっかけに中国内のインターネット交流サイト(SNS)上では低所得者層が生活困窮し、当局が強調する「小康社会(ややゆとりのある社会)」の実現と対極にある人々の悲劇的な事件が数多くあり、経済発展の恩恵を受けていないとの論議が活発化した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ