香港民主派、残留か移民か


許智峯氏

 国家安全維持法(国安法)の施行を受け香港民主派の運動は、中国政府が香港統治の基本とする「愛国治港(中国に忠誠を誓う愛国者が香港を治める)」に刃向かう反中反共の違法政治活動と見なされ苦境に直面している。香港での民主化活動に大幅な制限を受け、香港に残留するか、海外に活路を見いだすか選択を迫られている。(深川耕治)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ