中国 コロナ下の「春節」、帰省自粛で個人消費低迷


旧正月前の2月11日、春節の大移動がなく閑散とした中国・北京駅前(UPI)

共産党100年・人権、五輪に難題

 中国で春節(旧正月=今年は2月12日)に伴う大型連休(11~17日)が終わり、今年は「現在いる場所での年越し(就地過年)」を中国政府が国民に呼び掛け、個人消費がしぼんだ。7月には中国共産党建党100周年を迎え、来年2月の北京冬季五輪開催を党の威信を懸けて達成させたい意欲がにじむが、コロナ対応や人権問題など道は険しい。(深川耕治)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ