世界日報 Web版

欧米の支援不可欠な香港民主派


9日、英国のパテル内相(右から3人目)と会談する羅冠聡氏(左端から2人目)=羅冠聡氏のフェイスブックより

 9日、英国のパテル内相は香港衆志の元代表で7月から香港を出境してロンドンに滞在している羅冠聡氏と会談した。羅氏は今年のノーベル平和賞候補の一人にまでノミネートされ、国際的な関心度は決して低くない。

 これまで記者(深川)は羅氏に3度、単独インタビューを行ったが、2019年、米エール大に留学前から「中国当局が民主化を阻害する強力な法律を香港で適用するケースを見越して、民主化運動を香港の外から展開する必要がある」と語っていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ