世界日報 Web版

東南アジア、中国高速鉄道事業が中断


中国高速鉄道「和階号」=蘭州駅で

タイ、ミャンマー、インドネシアなど

中国、採算無視し大規模国内投資へ

 インドネシアでは首都ジャカルタと主要都市バンドンを結ぶ高速鉄道(約140キロメートル)の工事が新型コロナウイルスの影響で今春以降、中断されたままだ。中国の国有銀行が融資し、国有企業が工事に関わる事業だ。工事の進捗(しんちょく)率は50%に届かないまま、来年を完成予定とする建設計画は大幅な変更を余儀なくされる見込みだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ