世界日報 Web版

5Gで迫られる「陣営選択」


ラーブ英外相(左)とポンペオ米国務長官

ポンペオ演説の衝撃 新局面に入った米中対決(2)

 潮目が変わった――。

 ポンペオ米国務長官ら国務省幹部が最近、盛んに使う言葉だ。トランプ政権が対中強硬路線に転じたことで、国際社会の中国に対する態度も硬化してきた、との意味である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ