世界日報 Web版

「並外れた」中国礼賛、「蜜月」のルーツに毛沢東思想


テドロス事務局長(左)と習近平国家主席

WHOトップ解剖 テドロス氏とは何者か(下)

 「中国政府は感染拡大阻止に並外れた措置を取った」――。

 新型コロナウイルスの感染拡大は、発生源である中国の初動の遅れと情報隠しに大きな原因があったことは疑いの余地がない。中国発の災禍に各国が苦しむ中で、中国に惜しみない賛辞を送り続けているのが、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ