世界日報 Web版

新設「宇宙作戦隊」その任務、不審衛星や宇宙ゴミ監視


府中基地

NEWSクローズ・アップ

中・露の脅威増大に対応 課題は予算規模

 今年度「宇宙作戦隊」を新設する組織改編を盛り込んだ改正防衛省設置法が17日、参院本会議で可決、成立した。同隊は府中基地(東京都)の航空自衛隊内に20人規模で新編される。防衛省は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や、米宇宙軍との連携なども調整しながら、令和4年度に100人規模での実働を目指して準備を進めている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ