世界日報 Web版

アイソン彗星、核の一部が生き残る?


NASAが発表、SOHOの画像を分析

アイソン彗星、核の一部が生き残る?

アイソン彗星(すいせい)が日本時間29日午前4時すぎに太陽に最接近した後、欧米の太陽観測衛星SOHOが撮影した画像。太陽(2枚の写真中央)の上方に核の一部のような明るい光が遠ざかっている(NASA・ESA提供)

 米航空宇宙局(NASA)は日本時間29日夜、太陽最接近時に核が崩壊し、ほとんど蒸発したとみられていたアイソン彗星(すいせい)について、核の一部が生き残った可能性があると発表した。欧米の太陽観測衛星SOHOが撮影した画像を引き続き分析した結果、明るい核のようなものが見つかった。

 これが崩壊した核の破片にすぎないのか、核の一部が太陽の熱や引力に耐えて生き残ったか、まだはっきりしないが、分析に当たった研究者らは、少なくとも小さな核が無事残ったようだとの見方を示した。

 アイソン彗星は日本時間29日午前4時9分に、太陽の表面から117万キロまで最接近した。NASAは同日朝、最接近前後のSOHOや米太陽観測衛星SDOの観測画像に基づき、崩壊してほとんど蒸発したとみられると発表していた。