世界日報 Web版

大雪強風続き、記録的低温


北陸や西日本、交通も乱れ

大雪強風続き、記録的低温

雪が降り積もった福岡市内=24日午前、JR博多駅前

大雪強風続き、記録的低温

奄美大島・湯湾岳で、雪で白くなった登山道の様子を調べる宇検村職員ら=24日午後、鹿児島県宇検村(同村提供)

 日本上空に非常に強い寒気が入って冬型の気圧配置が強まり、24日は北陸や西日本を中心に雪が降り、風が吹き荒れた。山陰や九州、沖縄では記録的な低温となった所が多く、鹿児島県・奄美大島では115年ぶりに降雪を観測した。気象庁は25日にかけて全国的に暴風や高波、北陸と西日本では大雪や猛吹雪に警戒するよう呼び掛けた。

 JRは東海道・山陽新幹線や九州新幹線で徐行運転のため遅れが生じ、北陸線や山陽線、山陰線、土讃線、長崎線、鹿児島線などで運休や遅れが相次いだ。全日空と日本航空によると、24日午後5時までに国内線計286便の欠航を決めた。高速道路は九州の大半が通行止めとなり、松江道や徳島道、北陸道などの一部も通行止めとなった。

 奄美大島の名瀬測候所(奄美市)では24日午後1時13分から断続的にみぞれや雪を観測。同島では1901年2月12日以来、115年ぶりの降雪となった。

 24日午後4時の積雪は広島県北広島町で143センチ、新潟県魚沼市140センチ。長崎市では観測史上最多の16センチ、鹿児島市では10センチとなった。最低気温は兵庫県香美町で氷点下9・4度、鳥取市の鳥取空港で同5・8度と、いずれも観測史上最低を更新した。

 25日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸70センチ、東北60センチ、関東甲信と東海、近畿、中国50センチ、九州北部40センチ、四国と九州南部20センチ。西・東日本と沖縄・奄美の25日にかけての最大瞬間風速は30~35メートルで、海上は大しけが続く見込み。