世界日報 Web版

隣の大分市にアンテナショップ


大分・豊後大野市、農産品の販売や観光情報の発信

隣の大分市にアンテナショップ

 大分県豊後大野市は、隣接する大分市の中心部にある商店街にアンテナショップを開いた。

 農産品を販売したり、観光情報を発信したりする。「大分の野菜畑ぶんご大野」というキャッチフレーズの定着や交流人口の増加も狙う。

 店の名称は「ぶんご大野bureau(ビューロ)大地の物語」。両市の中心部は自動車で1時間程度の距離にあるが、豊後大野市は大分市民に「遠い」というイメージを持たれていると分析。アンテナショップを通じて市の魅力をPRし、大分市からの来訪者増加を目指す。